紫外線対策や化粧品で美白を目指す方法

投稿者: | 2017年2月21日

美白な肌を目指すには紫外線対策や化粧品のほかにも、美白効果のある食品を摂取するなど様々な方法があります。

お肌の白さを維持するには、紫外線による日焼けを避けるために、長袖の服装や、帽子、日焼け止めクリームの活用が大事です。

美白に役立つ成分が配合されている化粧品で、お肌のメラニンを減らすという方法もあります。

日焼けをした後は、クールダウン後に、美白化粧水を使う方が良いです。

強い紫外線で肌がダメージを負っている時は、やけどの症状に近くなっていますので、直後に化粧水をつけると皮膚に負担になることがあります。

新しい美白化粧品を使い始めた時は、短くても3カ月はその化粧品を使ってみてください。

化粧品を切りかえたからといって、直後に肌が白くなることはありません。

美白に役立つ食べ物を摂取する場合には、活性酸素を減らす効果のある食べ物がおすすめです。

ビタミンCや、ビタミンEは、抗酸化ビタミンと呼ばれるほど、抗酸化力の高い成分です。

緑黄色野菜をたくさん食べることで、ビタミンCやEが摂取できます。

野菜は加熱するとビタミンが流れ出てしまうため、できるだけ生で食べる方が、美白のためには良い方法です。

豆乳にはL-システインという美白に役立つ成分が含まれていますので、納豆や豆腐などの大豆加工品も、美白を目指すなら摂取したい食材です。

日焼け対策や、美白化粧品を使った毎日のスキンケア、そして美白に役立つ栄養を食事から補給することなど、美白にいいことはたくさんありますので、試してみてください。